南アフリカへ行ったことがある方へのおすすめプラン 南アフリカを贅沢によくばる

奮発して贅沢&優雅に南アフリカを旅するプラン。クルーガー国立公園でのサファリ、ブライデリバー・キャニオンの美しい絶景、そしてケープタウンへは豪華列車で向かう「フルコース」で高い関心が示された南アフリカの魅力を網羅するよくばった内容となります。

クルーガー国立公園

大型野生動物のゾウ・ライオン・バッファロー・サイ・ヒョウのビッグファイブとの出会いを優雅に演出してくれるのは高級サファリロッジ。クルーガー国立公園、中でもサビサンズ動物保護区には行き届いた上質なサービスと洗練された施設を提供するハイエンドな高級サファリロッジが数多く存在しています。米国の高級旅行誌Trave+Leisureのアフリカ&中東地域のホテルランキングで高評価を得ているサビサビ(ブッシュロッジ・アースロッジ・セラティキャンプ・リトルブッシュキャンプ)やセレブ御用達として知られるシンギタ(ボルダーズロッジ・エボニーロッジ・レボンボロッジ・スウェニロッジ)、マラマラ(メインキャンプ・セイブルキャンプ・ラットレーズ)などは高級ロッジの代表格として人気を集めています。

ロッジにはスパやアートギャラリーかと思わせるほど小洒落たブティックなどを併設しているところも多く、南アフリカならではのフレンドリーなおもてなしと洗練されたインテリアなどとともに快適で贅沢な滞在を満喫できます。高級ロッジでの滞在をゆっくりと、日常生活からの開放感を心ゆくまで堪能したいのであれば、最低でも2泊は過ごしたいところです。

オープントップのレンジローバーに代表される四輪駆動車でブッシュを駆け巡るゲームドライブは日の出と日の入り前からの数時間ずつ、朝夕に楽しみます。夕刻のゲームドライブ時には安全な場所で車から降りて、ワインやシャンペンに軽食を交えながら、南アフリカの大地に沈む夕日を眺める“サンダウナー”をアレンジすることもできます。

ゲームドライブを案内してくれるレンジャーは動物や植物に関する豊富な知識を身につけていて、遭遇する動物についてはもちろん、道に残された足跡や途中で出くわす昆虫、鳥類、植物などに関して「へぇ」と感心するような小ネタを交えながら、丁寧に説明してくれます。レンジャーには若いイケメンが多く?とてもフレンドリーで夕食時には同席することも少なくありません。

ゲームドライブ後の夕食時にはビーフやポーク、チキンに加えてバッファローやダチョウ、クドゥやインパラといったゲームミート(獣類の肉)を味わえます。多くの宿泊施設では夕食時に南アフリカ伝統の民族音楽&ダンスのエンターテイメントが披露されていて、盛り上がった宿泊客が一緒に踊り始める光景を目にすることも珍しくありません。

Page Top

ブライデリバー・キャニオン自然保護区

クルーガー国立公園で野生動物との出会いを満喫した後は、ムプマランガ州北東部に広がるブライデリバー・キャニオン自然保護区を南北に縦断する人気の観光コース「パノラマルート」に沿って南アフリカならではの雄大な自然景観を満喫します。
世界三大瀑布のひとつであるビクトリアの滝はアフリカ旅行の際の訪問先として人気を集めていますが、ブライデリバー・キャニオンは世界三大渓谷のひとつに数えられており、緑に覆われた渓谷としては世界最大規模を誇る圧巻のスケールで世界各国からの旅人を魅了しています。

代表的な絶景スポットには以下の場所が挙げられます:

  • ・スリーロンダベルズ・ビューポイント
  • ・ローフェルド・ビューポイント
  • ・ブルクスラック・ポットホールズ
  • ・ベルリン滝
  • ・リスボン滝
  • ・ワンダー・ビュー
  • ・ゴッズ・ウィンドウ

駆け足なら一日で全ての地点を回れますが、途中の昼食にぜひ立ち寄ってもらいたいのはグラスコップという小さな町にある「ハリーズ・パンケーキ」。世界一おいしいと評判のパンケーキ・レストランには南アフリカ各地からも多くの人が訪れるほどの人気店。定番のバナナやベリーのスイーツ系はもちろん、魚介類や肉が入った食べ応えのある豊富なメニューが揃っています。近辺にはレストランや伝統工芸品などが揃うおみやげ屋が点在しており、ショッピングも楽しめます。

パノラマルート沿いにはグラスコップの他、ヘイジービューやサビー、ピルグリムズ・レストといった小さな町が点在しています。ピルグリムズ・レストは南アフリカで最初に金が発見された場所で、開拓時代の町並みが今なお残る「生きる博物館」とも称されており、ゴールドラッシュ当時を疑似体験できるツアーなどが楽しめます。

ブライデリバー・キャニオン自然保護区では圧倒的迫力の自然景観に加えて、体内のアドレナリンが湧き出るほどワイルドなアドベンチャー・アクティビティの数々を楽しめることでも知られています。前述の町のどこかで1〜2泊しながら、大自然の中でのアクティビティを楽しめば心身ともにリフレッシュされ、眠っていた冒険心も目覚めるにちがいありません。以下に主なアドベンチャー・アクティビティを紹介します。

Page Top

プレトリア

南アフリア旅行に際しての最大の関心事である「ワイルドライフ」と「美しい絶景」を体験したら、行政の首都プレトリアへと向かいましょう。

2010年のサッカーワールドカップの開催に合わせて新設されたクルーガー・ムプマランガ国際空港から航空機に乗るのが最も早い移動手段ですが、あえて陸路で移動してボッチャベロ・ヒストリカル・ビレッジやレセディ文化村に立ち寄り、南アフリカの民族多様性と伝統文化に触れ合うのもおすすめです。また夏であればスタンダートン周辺の“コスモス・カントリー”で、あたり一面に咲き誇る白やピンクのコスモスにも出会えます。

“パープルシティ”とも呼ばれるプレトリアでは、毎年10〜11月頃になると7万本ものジャカランダの木々が、一斉に紫色の花を咲かせます。満開を迎えた後にはジャカランダの街路樹から舞い落ちる花びらが道路を紫色のじゅうたんのように覆う様子も楽しめます。

プレトリアに1泊してユニオン・ビルディングやフリーダムパーク、またヨハネスブルグまで足を延ばしてアパルトヘイト博物館マンデラ・ハウスヘクター・ピータソン博物館などを訪ねて、南アフリカが自由と民主主義を勝ち取るまでの歴史に触れてみるのもおすすめです。

そして翌朝はプレトリア駅から南アフリカが世界に誇る豪華列車、ブルートレインでケープタウンへの優雅で贅沢な旅を楽しみます。

ブルートレイン駅を午前7:30に発った後は、ラウンジ車両でブランチやハイティーを楽しみます。そして午後6:00前には北ケープ州のキンバリー駅に到着。ここで下車してダイヤモンド採掘のために人力で掘られた世界最大の穴、ビッグホールやオープン・マイン博物館などを見学します。

列車に戻ってからは豪華列車の旅のハイライトである夕食の時間。「優雅に贅沢」な食事をおしゃれして楽しみましょう。翌日、朝食を済ませた後の正午にはケープタウン駅に到着となります。

Page Top

ケープタウン

初めての南アフリカ旅行の際にケープタウンを訪れた人が多いかと思われます。そこで、ここではケープ半島やテーブルマウンテンなどへの定番観光コース以外の魅力を盛り込みます

まずケープタウンでの宿泊先ですが、「優雅に贅沢」に多くの関心が寄せられていることから、思い切って世界的にも高い評価を得ている高級ホテルをおすすめします。米・高級旅行誌Trave+Leisureのアフリカ&中東地域のホテルランキングで上位に入っているホテルは以下のとおり:

  • ・ケープ・グレイス
  • ・マウント・ネルソン・ホテル
  • ・ワン&オンリー・ケープタウン
  • ・ビクトリア・アルフレッド・ホテル
  • ・12アポストロス・ホテル&スパ

絶景を楽しむのに喜望峰への遊覧ヘリコプターによるツアー、またはV&Aウォータフロントから運航するサンセットクルーズに乗り込み、洋上から水平線に沈む夕陽とケープタウンの町を眺めてみるのはいかがでしょうか。きっと「優雅に贅沢」な旅をロマンチックに演出してくれるに違いありません。

翌日はワインランドへ。初回のツアーなどでは駆け足でワインランドを訪ねるケースもあるかと思われますが、今回は1〜2泊ほど宿泊しておいしいワインや食事、美しい風景などをゆったりと心ゆくまで堪能しましょう。以下にラグジュアリー&スタイリッシュな宿泊施設をいくつか紹介します:

  • ・ル・フランシュフック・ホテル&スパ
  • ・ル・カルティエ・フランセ
  • ・ディレアー・グラフ・ロッジ&スパ

フランシュフックにあるル・カルティエ・フランセで、英国のレストラン・マガジンによる世界のベスト・レストラン50の常連として知られる「テイスティング・ルーム」で女性シェフ、マーゴ・ヤンセンさんによる創造性と遊び心に溢れた料理の数々をお楽しみください。言うまでもなく、ワインランドには他にも美食とおいしいワインを楽しめるレストランが数多く点在しています。ワイナリー巡りの途中にぜひお立ち寄りください。

おいしいワインと食事を堪能したらホテルでスパ、また運動不足の解消を兼ねて美しい景色を楽しみながらゴルフに興じるのもおすすめです。

さらに!ケープタウンでの滞在を1〜2日延ばせば、ハーマナスでのホエールウォッチング (6〜11月)やガンズバーイでのシャークケージダイビング、カーステンボッシュ国立植物園、ロベン島(世界遺産)などもプラスアルファで楽しめます! ハーマナス ガンズバーイ ガンズバーイ カーステンボッシュ国立植物園