wrapper_hed



Cape Town Cycle Tour
ケープタウン・サイクルツアー
2015年3月8日(日)に開催される109km の自転車レース
毎年世界から35,000人の参加者を集め
個人のタイムを計る自転車レースとしては世界最大!!


イベントの売り上げは寄付され、寄付金は地域内でのサイクリングの推進活動、
学校、孤児院、技能訓練プログラムなどのために使用される。


<<2015年のレースの開催情報>>

開催日:2015年3月8日(日)
参加登録受付開始日:2014年9月26日(金)
参加登録受付終了予定日:2015年2月20日(金)
海外からの参加費:730ランド 1ランド=10.7円 (2014年12月5日現在)
海外からの申し込み:http://www.cycletour.co.za/Entry Info のページ

お問い合わせ:南アフリカ観光局まで


<<参加者のための詳細情報>>

  IDもしくはパスポート、クレジットカード、健康情報、緊急連絡先の電話番号などが必要だが、
 参加者は参加にあたりライセンス取得者であるなどの資格は不要。
登録後には登録確認e-mailが送付される。
エントリー状況について確認したい場合には
 racetec.co.za/profile/my-events/
もしくは、+27 87 820 7223 または info@cycletour.co.za でイベント主催者への直接問い合わせることも可能
シードを受けたい場合はseeding@cycletour.co.zaあてに最近参加した自転車レースの距離、コースの難易度、優勝者のタイム、自分のタイム、平均速度、参加者数、何位でゴールインしたか、可能な限りの情報を送る。

<事務局の連絡先>
 E-mail: info@cycletour.co.za 電話:+27 21 820 7223


用意するもの:
  1.ヘルメット:着用は義務−基準のヘルメットがオススメ
    例:スチレン樹脂製のヘルメットANSI Z90/4、SNELLスタンダード
  2.服装:自由だがサイクリングシューズ、シャツ、ジャージがオススメ
    特別な衣装を考えている場合、家族が参加するイベントということを考慮すること
  3.自転車:自転車、もしくは二人乗り自転車(ただしこぐのは競技参加者一人のみ)
    改造車もしくはリカンベント(あおむけに寝た姿勢で乗る自転車)の場合には
     説明つきで画像もしくは絵をinfo@cycletour.co.zaあてに送付のこと。
    使用できないハンドル:トライアスロンバー、エアロバー、クリップオン、
     プレイヤーバー、カウバーなど。
     ただしマウンテンバイクの場合にはATBバーエンドは使用可能。
    現地でレンタルサイクルを使用したい場合は事前に旅行代理店に申し出ること

個人で借りられるレンタルサイクル:

Cape Town Cycle Hire
Tel: +27 21 434 1270
www.capetowncyclehire.weebly.com
 
Olympic Cycles (Bicycle Hire - Road bikes)
Tel: +27 21 671 5008
sales@olympiccycles.co.za
www.olympiccycles.co.za
 
Cycle The Cape (Bicycle Hire – Road and MTB bikes)
Tel: +27 21 782 7374
Cell: +27 72 186 3213
enquiries@cyclethecape.com
www.cyclethecape.com
 
Bike & Saddle (MTB and Road bikes and Tours)
Tel : +27 21 813 6433
Cell : +27 78 542 5423
info@bikeandsaddle.com
www.bikeandsaddle.com/bike-rental
 
Dirtopia (Bicycle Hire - MTB bikes)
Tel : +27 21 884 4752
info@dirtopia.co.za
www.dirtopia.co.za/index.php/bike-hire-delvera

その他:
他の人のゼッケンで走行した場合には失格もしくは1年間の出場停止処分。(ゼッケン番号は個人の医療情報や緊急連絡先とリンクしているため)
申し込み後に参加できなくなって、知り合いなどに資格を譲りたい場合にはサイクル・ツアー・イベントオフィスを通して2月2日から20日の間に手続きをする。参加費の払い戻しはない。


<<コース:ケープ半島を東から西に回るコース>>




スタート:ケープタウンのシティセンター

  ↓

①ケープ半島東側を周り喜望峰自然保護区に向かう

  ↓

④サイモンズタウン
リゾート感漂う港街。
ビクトリア風の建物が並ぶ。


  ↓

⑤折返し:Smitswinkel
ここからケープ半島の西側に向かう


  ↓

⑪チャップマンズピーク
絶景ポイント。大西洋を見下ろせる世界有数の山岳道路


  ↓

ケープタウン市内

  ↓

フィニッシュ:グリーン・ポイント
グリーン・ポイント・スタジアムではホスピタリティテントが設置され、エンタテインメント企画もあり、レース参加者、家族や友人が楽しめるイベントとなっている。

(*番号は地図に対応)


☆チャップマンズピークまでの急な上り坂、Suikerbossieの急な丘が難所のため、ゴール地点の グリーン・ポイントまでの下り坂は参加者には嬉しい。
☆コース内には15カ所のリフレッシュメント・ポイント、12カ所のメディカルポイントが予定されており、約2,500名のボランティアが当日の参加者をサポートする。

【拡大地図はここから】

ルート地図がダウンロード可能なURL:

http://www.cycletour.co.za/index.php/route/
route-map/


<<南アフリカに入ってからのレース参加の手順>>

登録受付場所:ケープタウン、Sir Lowry通りのグッド・ホープ・センター(ゼッケンを受取る)
*登録エリアへはRace Tec Chipの提示で入場できる。


登録受付時間:

 3月5日:9:30 - 19:00
 3月6日:9:00 - 19:00
 3月7日:9:00 - 16:00

スタート:海外からの参加者はフィールドの3/4ほど後ろの場所を予定(海外グループ)
希望すれば、よりゆっくり走るグループに混じってのスタートも可能。ただし、希望後早めのスタートを切るグループとして出発することはできない。

タイム:レース時間を記録するため、自分専用のRace Tec タイミングチップを購入し、装着していることが必要。
*7時間以内で走らないと修了証を受取れない
カットオフについては下記から
【http://www.cycletour.co.za/index.php/route/cut-off-times/】

棄権:コースを巡回している自転車の回収車に乗る又は中断用のポイント地点からコースをはずれること
事故にあった際には医療チームがサポート。乗っていた自転車は回収され、駐輪場の担当者にひきわたされる。
情報や緊急連絡先の情報が正しく登録されており、ゼッケンをつけていることが重要である。(ゼッケンがこれらの情報や連絡先とリンクしているため。)

写真:レース中に撮影された自分の写真を探すには【http://www.actionphoto.net】まで。

記録:記録をみるには【http://www.racetec.co.za】で【Query My Result】をクリックして自分の名前を打ち込む。


<< 観光情報 >>

3月は南アフリカでは夏。気温は15℃〜25℃程度。日中は暑くなるが朝晩は羽織るものが欲しい。ケープタウンは乾期なので、降雨量は少ない。
旅の基本情報はリンクから:http://www.south-africa.jp/travel/


ケープタウンの見所

1. テーブルマウンテン

ケープタウンの象徴と言えばやはり、テーブルマウンテン。頂上が平らなテーブルの様になっているのが特徴で、世界でも珍しい山。360°床が回転するケーブルカーに乗れば頂上まで数分。眼下にケープタウンの絶景が広がります。体力に自信のある方はハイキングがおすすめ。100以上のハイキングコースがあり、草花を楽しみながらテーブルマウンテンを登れば清々しい気持ちになること間違いなし!
http://www.south-africa.jp/campaign2011_res/1-1.html

2.ケープ半島周遊ツアー

大都会のケープタウンから一歩足を伸ばせば南アフリカの大自然に触れることができる。ケープ半島周遊ツアーは1日もしくは半日で行けるツアーとして特にオススメだ。周遊ツアーの見所は以下のとおり。


3.ワインランド

日本でも人気、知名度共に上がってきている南アフリカワイン。ケープタウン近郊にあるワインランドにはヨーロッパの雰囲気漂う小さな街が並んでいる。プラプラと街の散策を終えたら、お目当てのワイナリーへ。ブドウ畑を眺めながら、自慢のワインと美味しい食事でゆったり時間を過ごせば、日々のストレスも忘れてしまう。素敵なホテルも多く、結婚式を挙げるカップルにも大人気。
http://www.south-africa.jp/campaign2011_res/1-6.html

4.ケープタウンシティウォーク

観光都市、ケープタウンにはその市内にも沢山の見所がある。
 ・V&Aウォーターフロント:テーブルベイを臨む一大ショッピングモール。水族館なども併設している。
 ・キャッスル・オブ・グッドホープ:南アフリカに現存する最古の建物。
 ・ボカープ地区:カラフルな家が建ち並ぶマレー人居住区。重要文化財。
 ・スレイブ・ロッジ:元奴隷宿舎として使われていた建物を改装した南アフリカの歴史文化を知ることができる博物館。

5.ケープタウンの夜景

ケープタウンはその夜景も見所。夜景を見るにはシグナルヒルに登るか、サンセットクルーズがオススメ。夜景をみたあとにはジャズバーに出掛けるのもオススメだ。
http://www.south-africa.jp/campaign2011_res/1-9.html
http://www.south-africa.jp/campaign2011_res/1-10.html
http://www.south-africa.jp/campaign2011_res/1-8.html


このページのTOPへ

wrapper_bottom